滋賀スバル水口店 スタッフブログ  staff blog

2014/12/18
水口店:新ネタはいりました つづき

みなさんこんいちは。水口店の吉村です。

先日に続きまして新しく入った試乗車のご案内です。
IMG_4742
写真右の車両がフォレスター新グレード2.0ⅰ-Sリミテッド(アイサイトつき)です。
左の車両も同じグレードでボディカラーはヴェネチアンレッドパール(ワインレッド)です。

先日ご案内しました展示販売のステラがめでたく売約済みとなりましたので入れ替わりで
展示車としてショウルームにございますのでぜひこの「深み」のあるレッド色を見にお越し下さい。
パールホワイト色と同じく有料色ではありますが、塗装が他色よりも1工程多くあるため、
鮮やかで深みのあるお色目となっております。
有料色でご予算アップとなりますがきっとご満足いただけますよ!

赤でも真っ赤な色目だとスポーツカーのイメージがありますが、落ち着いたワインレッドのため
SUV車にはマッチしますね。パールホワイトも色調が変更され、レヴォーグや新型レガシィと同じ塗色と
なりました。一見するとわかりませんがじっくりみると違うかな?という程度ですので小変更の1つです。

フォレスターについては前回ご紹介しましたインプレッサの1年後にモデルチェンジを
しているため、
この初冬でまる2年になります。アイサイトの認知度アップもありかなり多くのお客様に
乗っていただいており、これからのシーズンにもってこいのクルマです。

さてフォレスターの変更点はというと・・・
IMG_4741 IMG_4745
まずキーレスプッシュスタート車のカードキーデザインが一新されました。
こちらは、今年発売されたレヴォーグと同じものです。
インプレッサ・レガシィ・WRXも同じです。

ただ開け閉めするだけの道具ではなく
保有する喜びを持ってもらうためにも質感の高いデザインになっています。

車内センターパネル(オーディオや空調スイッチがあるところ)上には
マルチファンクションディスプレイという名の車両情報を教えてくれるモニターがありますが、
写真のように表示がよりきれいになりました。

IMG_4747 IMG_4749
センターコンソール(ひじ置き)の中の写真です。インプレッサと同じようにUSB電源が配備されております。
オーディオ関係ではこちらも変更されました。

シャークフィンアンテナです。シャーク(サメ)の背びれをイメージしたラジオアンテナです。
最近多いですよね、このアンテナタイプの車も。

昔はアンテナというと運転席窓から手を伸ばして出し入れするものでしたが、時代は変わり
デザイン的にもスタイリッシュとなりました。
角度が変更できる可倒式のロッドアンテナ(角みたいなタイプです)を採用しておりましたが、
車両の全高も高くなってきていますので今回変更となっております。

ちなみにレガシィには車体から出るアンテナはなく、ガラスプリント方式です。
後ろのガラスに曇り取りの熱線と同じような感じでガラス上部にプリントされております。
すっきりデザインできれいです。
IMG_4744 IMG_4743
最初にご案内しました2.0ⅰ-Sリミテッドのフロント部アップです。
これが一番反響があるんじゃないかなと思っているところです。

この「顔つき」ですが、もともとはターボ車のみに採用されており、ターボモデルの象徴でありました。
以前CMにて世界各国10万キロ走破の模様を放映しておりましたがそのときもターボ車であったため
なおさらこの「顔つき」への注目は高かったです。一種の保有するステータスだったかもしれません。

「ターボ車でなくとも、普通のエンジンタイプであの顔つきの車がいいな」
という声は、フォレスター発売時から非常に多かったです。
今回は、市場の声が届いた結果かなと思います。
変更前も2.0ⅰ-Sというグレードはありましたが、外装面では
他グレードと同じデザインで、タイヤホイルがターボ車と同じものを
採用している車両でありました。フロントデザインと同じく、ターボ車採用の
18インチタイヤホイルもデザインが好評でしたので、スポーティー
仕様の2.0ⅰ-Sは人気グレードでした。
今回は更にバージョンアップしたという意味も込めて2.0ⅰ-Sリミテッドです。
これでターボ車ルックのスポーティーなフォレスターをお選びいただけますよ!

車両の写真はLEDアクセサリライナーを点灯したものです。
アップの写真はオフの状態です。
よくご案内のときに聞かれるのですがこちらはオプション扱い(最初からついていない)
商品でありまして、用品としてご用意しているものなんです。
単品の設定もございますが、ぜひマットなどとセットにしたベースキットにてご用命
下さい。セット販売ですので若干お得にお求めいただけます¥¥
点灯時のかっこよさといったらもう~(走行時は自分ではわからないのですがね・・・)
もちろんこれはかっこよさだけを求めているのではなくて、
対向車やその他に対して「自車の存在をしらせる」という役目もしっかり持っています。
タクシーなどであるデイライト(話題の青色LED)の発展版といったところでしょうか。

スバルというと冬に強いイメージがあります。
実際に雪道でも安心して運転できるクルマづくりをしています。
ぜひこれからのシーズンに新型スバル車をご検討下さい!!

あっ、そうそうフォレスターのアイサイトですが、こちらはVer2タイプです。
機械モノですので当然進歩がありますからVer3が存在しておりますが
こちらのVer2タイプも緻密なセッティングにより熟成されたものです。
どうぞ安心して信頼性の高いアイサイトVer2搭載のフォレスターをご検討下さい。

展示車・試乗車をキレイにしてお待ちしております!!